ここ最近、駅前などで1,000円カットのお店を見かける機会が増えてきました!

1,000円カットと通常の美容院・理髪店の違いは何でしょうか?

1,000円カットでは以下の特徴があります。

・洗髪や髭剃りは行わず、カットのみ。
・タオルは使い捨ての安物。
・チケット販売機、電子マネーのみでの取り扱い。
・予約を受け付けない。
・電話は置かない。

この特徴がある1,000円カットにおいて2つの重要な観点があります。

1、マイナスの差別化を行っている
2、回転率が重要

順番に見ていきますね。

1、マイナスの差別化を行っている

通常の美容院や理髪店では様々な施設を整えてサービスを提供しています。

特に美容院では雰囲気も重要であるため、お金をかけて内装しなければいけません。
また、店内も余裕を持った作りにする必要があります。

そのために、多くの経営資源を揃える必要があります。

1,000円カットでは、サービスをカットだけに絞って
顧客も雰囲気などは求めていないため、
経営資源はあまり必要としません。

このように、サービスを出来るだけ絞り込むことで
経営資源が減るために固定費が減ります。

さらに、それだけではなく、
業界の上位の会社は経営資源をたくさん持っているため
その経営資源を充分に活用出来ない商売には
なかなか参入しにくいのです。

2、回転率が重要

美容院の回転率は悪く、
1,000円カットの回転率は良い!
という事は誰でも分かることだと思います。

美容院は1人あたりにかける時間が
どうしても長くなってしまい、
回転率が悪くなります。

さらに、美容院は予約制がほとんどであるため、
予約と予約の間の時間が無駄になっています。

それに対して、1,000円カットでは
予約制ではないため、無駄な時間がなくなります。

こういう無駄な時間をなくすために
1,000円カットでは駅前など人通りが多い場所に
出店しています。

1,000円カットで1時間にカット出来る人数は、
仮に座席が4席で、1人あたりにかける時間を
片づける時間や待ち時間も考慮して15分と見積もると、、

4席×60分÷15分=16人となり、
売上にすると16,000円となります。

対して美容院では、同じ4席でも
1人あたりに2時間はかかると仮定すると、、
4席×60分÷120分=2人となります。

そして、単価を8,000円ほどと仮定すると
売上は16,000円となり、1,000円カットと同じになってしまいます。

しかし、美容院は内装や店舗賃貸料、人件費など
1,000円カットの数倍はかかるため
費用は多くなり、利益ベースでは1,000円カットの方が
儲かる場合もありえます。

ここまで1,000円カットの儲かる仕組みについて書いてきましたが、、
経営資源があまり必要なく参入できるため、その分、競争相手も多くなります。

1,000円という売上単価はほぼ決まっているため
他の部分でどう儲ける仕組みを作るかが重要になってきており
そのために、1,000円カットの顧客は男性客がほとんどでしたが
若い女性や高齢者などに、顧客層を広げる努力をされています。

今回、お話した「マイナスの差別化」と「回転率」は
他のビジネスでも重要になってくるため
次回以降に他の企業でもご紹介しますね。

ビジネスモデルを考える際に参考になる、34ページ分の資料をプレゼントします。

下記フォームから登録して、PDFファイルをダウンロードしてください。

必須お名前
フリガナ
必須メールアドレス
必須確認のためもう一度
必須送信確認