今回は「カーシェアリング」について
見ていきますね!

車を持つにはこれまで
購入するかレンタカーかの
2つの選択肢しかありませんでした。

車を所有するかレンタカーカーの違い

それぞれに対して
利用者が負担するコストを見ていきますね。

車を所有する場合

・車の購入費
・毎月の駐車場代
・税金
・車検
・整備
・ガソリン

レンタカーを利用する場合

・レンタカー代
・ガソリン

車を所有する場合とレンタカーとでは、
単純に比較は出来ません。

なぜなら、利用者がどのように利用するか、
という観点が重要だからです。
では、次にレンタカーの不便なところが
あるか検討していきましょう。

レンタカーの不便なところ

簡単にあげてみると、次のような点でしょうか。

・事前予約しなければいけない。
・レンタカー店までの距離が遠かったりする。
・返却方法が面倒。
・短時間での利用は出来ない。

そのため、1泊2日の旅行などのケースでは
レンタカーはとても便利です。
しかし、利用者の利用方法は
次のようなケースも多いと考えられます。

・近場まで重たい荷物を運ぶ。
・病院や施設までの送り迎え
・短い距離のドライブ

このようなケースはレンタカーを
利用すると、高くついてしまいます!

カーシェアリングの利点

利用者が負担するコストは
カーシェアリングの方が安くなるため、
そういう利用者には
カーシャアリングはとても魅力的です。

しかも、カーシェアリングは、
上記で書いたレンタカーの面倒な点や
不便な点を解消させる特徴を持っています。

コストという観点でいうと、
カーシェアリングはガソリンを入れて
返却しなくてもOKです。

これは貸出コストに含まれているとは言え、
利用者からすると大きな点ですよね。
大手のレンタカー会社が
カーシェアリングに参入していますが
大手の駐車場の会社も参入しています。

都内では「Times」など
良く目にされると思いますが、
車の貸出・返却をそこで行うなど
既にある施設をうまく利用しています。

自社の経営資源を
有効活用している事例ですね。

このように、カーシェアリングは
トータルでのコストを下げて
顧客への提供価値を上げていく
ビジネスモデルです。

少し専門用語で言うと、
トータルでのコストを下げることを
顧客の経済性といいます。

顧客の経済性とは、、
製品やサービスを購入することによって
顧客が負担するコスト面で
どれだけ価値が上がるかということです。

顧客の経済性には2つの側面があります
・顧客のトータルコストが安くなること。
・顧客のコストが固定費から変動費に変わること。

カーシャアリングはまさに
トータルコストが安くなるとともに、
自家用車で固定費がかかっていたものを
その都度支払う変動費に変えていますね。
さらに、カーシャアリングを提供する会社に
してみると、、
車を自社で保有するというのは
初期投資が必要であるため
従来のレンタカー会社以外は
なかなか参入しにくい業態です。

これを解消するために
自社で車を保有しないで
フランチャイズ展開するなどの
形態が出てきています。

ビジネスモデルを考える際に参考になる、34ページ分の資料をプレゼントします。

下記フォームから登録して、PDFファイルをダウンロードしてください。

必須お名前
フリガナ
必須メールアドレス
必須確認のためもう一度
必須送信確認