確定申告で知っておくと得をする知識をお伝えします。

確定申告って言葉、よく聞きますよね!?

どうしても確定申告というと、個人で商売をしている人が対象という印象を持っている方が多いのですが、会社員の方、会社を辞めて収入がない方、年金をもらって生活している方、専業主婦の方も、確定申告を行うことにより得をすることがあります。また、医療費を多く支払った方、マイホームを購入した方、生命保険に加入している方、寄付をした方なども、確定申告をすると得をすることがあります。

合計4回の連載で、知っておくと得をする知識をお伝えしていこうと思います。どうぞお付き合いのほど、よろしくお願い致します。

まず1回目では確定申告の概要について、2回目では会社員の方・会社を辞めて無職の方・年金生活者の方を対象に、3回目では個人事業主の方を対象に、4回目では税金が安くなる控除制度について、ご説明していこうと思います。

確定申告を提出期間はいつ!?

確定申告とは、1月1日から12月31日の間の所得を計算して申告することです。通常の確定申告の提出期間は例年2月16日から3月15日です。平成29年は2月16日(木)から3月15日(水)と予測されます。申告書の提出先はご自分の住所を管轄している税務署です。

申告をされて納税額が決定しましたら、期限内に税金を納める必要があります。納付書は税務署に置いてありますが、税務署が事前に把握している場合は申告書とともに納付書も送られてきます。税金を納めすぎていて還付される場合は、申告後1ヶ月ほどで申告書に記載した振込口座に入金されます。

期限ぎりぎりになって提出される方が多いようですが、間違いに気付いた場合は、提出期間の間でしたら何回でも提出をすることが出来ますので、出来るだけ早い申告をお薦めします。申告や納付が遅れた場合は、追加で延滞税などがかかりますので注意してくださいね。

確定申告の方法

確定申告の作成方法は以下の2つがあります。

1.税務署に置いてある申告書(国税庁のホームページからもダウンロード可能)に直接記載する。
2.インターネット(確定申告書等作成コーナー)で申告書を作成する。

そして、確定申告の提出方法は以下の4通りあります。

1.申告書を作成して、税務署に持参する方法です。確定申告の期間中は税務署に相談コーナーがありますので、そこで相談やチェックもしてくれます。
2.郵便などで税務署に送付する。
3.ターミナル駅に期間限定で設置される出張所に提出する。
4.インターネット(確定申告書等作成コーナー)で作成した情報をe-Taxに引き継いで電子申告をする。

おすすめの方法は、インターネット(確定申告書等作成コーナー)を使って申告書を作成して、印刷をして、その用紙を郵便で税務署に送付する方法が最も簡単な方法かと思います。e-Taxで電子申告が出来ますが、事前に電子証明書やICカード読取機など準備する必要があるため、確定申告に慣れていない方にとってはハードルが高いです。

確定申告を効率的に行うために、事前に書類を準備しておきましょう!

確定申告では申告書以外に必要な書類がありますので、今からそれらの書類を集めておきましょう。また、領収書やレシートはまとめて整理しておきましょう。整理して家計簿のような形式で整理しておくのが望ましいです。

・会社員の方、公的年金の受給者の方には、1月に「源泉徴収票」が交付されます。会社員の方は会社の人事・総務から交付されるかと思います。源泉徴収票は原本を提出する必要があります。

・個人事業主の方などは、経費となるレシートや領収書は整理して、金額をまとめておく必要があります。

・医療費がかかっている場合は、一定額以上は税金が安くなりますので、レシートや領収書を提出する必要があるため、整理しておく必要があります(4回目の連載でご説明します)

・生命保険、地震保険、国民年金保険など、各種控除を行う場合、「控除証明書」が送られてきます。(4回目の連載でご説明します)

税金計算の流れを把握して、確定申告の書類を理解しましょう。

申告書の作成はたくさんの種類があるため、全体の流れが分からないと混乱してしまいます。そのため確定申告の計算の大きな流れをご説明します。

1.10種類の所得金額を計算する。例えば、会社員の方は「給与所得」、個人事業主の方は「事業所得」、副収入や年金収入は「雑所得」、不動産収入は「不動産所得」、家などの売却は「譲渡所得」など、収入の方法により10種類の所得があります。ここで、「収入」と「所得」の違いをしっかりと把握しておく必要があります。所得とは収入から経費をひいた金額です。
2.所得控除額を計算する。(4回目でご説明します)
3.1から2を差し引いて、その金額に対して所得税率をかける。
4.税額控除額を計算する。(4回目でご説明します)
5.3から4を差し引く。

確定申告の書類には「申告書」と、それぞれの所得の明細を記載する「内訳書」で構成されます。上記の計算の流れで言いますと、1のそれぞれの所得計算の明細が内訳書にあたり、1の計算結果から5までの計算を申告書にて記載します。まずは内訳書で所得ごとの収入・経費・所得を計算して、その計算結果を申告書に反映するといった流れです。2回目からは具体的に、それぞれの方に対応したご説明をしていきますね。