この記事を書いているのは11月上旬です。

会社からお給料をもらって働いている方は、年末が近づいてくると会社から書類の提出を求められると思います。

これは会社側が年末調整を行うための書類なのです。

いきなり年末調整と言われても、良く分からない方のために年末調整について、基礎知識から書類の書き方までご説明していきますね。

年末調整って、そもそも何なの?

会社で働かれている会社員の方は毎月、お給料をもらっていますよね。

お給料をもらうときに、社会保険料、所得税、住民税が差し引かれた金額が、手取りとして銀行に振り込まれています。

そのときに、給料から差し引かれる所得税の金額は、仮計算された金額が差し引かれています。

残業などで毎月のお給料が違っている場合、毎月の所得税も違ってきます。

しかし、所得税は1月から12月のトータルの年収ベースで計算されて確定します。

そのために、年末の時期に、年収から所得税を正確に計算しているのです。

所得税を正確に計算した結果、所得税を納めすぎている場合は12月のお給料で調整されて還付されたり、逆に12月の所得税が多くなったりします。

 

ちなみに、社会保険料や住民税の金額は別の方法で決められており、年末調整の対象ではありません。

あくまでも年末調整とは、所得税の年末調整なのです。

 

年末調整って、誰がやるの?

社会保険料、所得税、住民税は、会社が従業員の代わりに納めています。

会社側が納めるために、従業員からその金額を預かるために、お給料が差し引いているのです。

先ほど、所得税は年収をベースに所得税を確定させると書きましたが、その作業を年末調整といい、会社側が行っています。

会社側が年末調整を行うために、従業員のみなさんは書類の提出を求められるのです。

 

年末調整で会社に提出する書類について

年末調整で会社に提出する書類はいくつかありますので、それぞれについて詳しい記事を書きましたので、以下リンクからぜひ読んでもらえたらと思います。

年末調整の書類の書き方講座 【第1回 年末調整の基礎知識】

年末調整の書類の書き方講座 【第2回 扶養親族等控除】

年末調整の書類の書き方講座 【第3回 保険料を支払った場合の年末調整】

年末調整の書類の書き方講座 【第4回 住宅ローン控除】